保育士になりたい!どれくらい勉強をすれば良いのか

大学や短大の場合は単位が重要

保育士の資格を取得するためには、沢山の勉強が必要です。特に大学や短大の場合には、資格取得に絶対必要な必修の科目から、自分が興味のある授業まで、様々なカリキュラムを取り入れて、卒業までに必要単位を取らなければ、いくら成績が良くても、資格を取得することは出来ません。短大の場合ですと、特に2年という限られた時間の中で勉強をしないといけないのです。ですので、思ったよりも遊べない学生生活になる可能性がありますよ。

通信や独学の場合には、何時間という縛りは無い

一方、通信や独学の場合には、学校に行って授業を受ける必要が無い分、ある程度自由だとは思いますが、何時間勉強したら保育士に慣れるとかいったような縛りはありませんので、その分納得のいくまで勉強をしなくてはいけません。人によっては、直ぐに知識を身に付けることが出来る人もいるでしょう。また、人によっては何百時間勉強をしても物足りないからと言って、満足のいくまで参考書を広げる人もいるでしょう。ともあれ、自分の生活スタイルに合った勉強をする事が大切ですよ。

自分が集中できる時間を確保しよう

誰にでも共通して言える事は、自分が集中して勉強できる時間を必ず1日のどこかで確保するという事です。学校に通っている人は、お風呂あがりから寝るまでの時間を使って、集中的に復習をするのも良いでしょう。また、独学や通信で勉強をしている人は、毎日だらだらと勉強するのではなく、時間帯をある程度決めて、メリハリをつける事で効率よく知識を身に付けることが出来ます。保育士になる為に、何時間勉強しないといけないという事はありませんが、効率よく知識を身に付けるために、メリハリをつける事は大切ですよ。

未来を担う子供達を育てていく保育士の仕事はとてもやり甲斐があります。そんな保育士の求人を東京で探すなら、專門の求人サービスを使うと好条件な案件が素早く見つかるでしょう。