こんなことで決まる!?アルバイトの採用基準

気にしない!!案外多い不採用

お小遣い稼ぎや生活の為にアルバイト・パートの仕事を探している方もいらっしゃると思います。働きたいと意欲を持って探しているのに「今回は」と不採用の連続に「私の何が悪かったのか」と悲観的になってしまいますよね。ただ、企業が大量募集をしていても、ほとんど不採用にしている所も多いのをご存知ですか?面接時のちょっとした伝え方や印象で随分かわってきます。小売店で採用担当をしていた時の経験でお話してみましょう。

条件が合わないだけ!!

企業として裏方の力作業としてのアルバイトを募集しているのにやって来るのは細身の女性ばかり。これは勿論不採用になりますよね。希望時間もそうです。夕方~夜の人材が必要なのに「朝~夕方出来ます」と言われてしまうと企業としては困ってしまうところです。どうしてもそこの企業で働きたいのなら「どの時間帯が必要ですか?」と聞いてしまうのも良いです。これは時間帯だけでなく曜日や仕事内容にも使えます。そこで自分に融通が効くのなら「出来ます」でずっと採用に近づく筈です。

見た目はやっぱり大切に

面接ですが、見た目はかなり大切です。容姿端麗かどうかではなく、清潔感や一般的な華美ではない服装です。飲食店でゴテゴテなメイクやネイルがバッチリよりはナチュラルメイクで短く切り揃えた爪の方が好印象です。面接する企業のイメージに合わせた服装にするとよいでしょう。後は面接時の態度ですが、相手の顔を見てハキハキ話すと好印象になる筈です。書き損じの履歴書は使わない。時間を守る。これらのような一般的な常識を守ってもなかなか採用に繋がらない方はちょっと振り替えって見直してみましょう。

ドコモの求人に応募することを考えているならば、希望のエリアやシフトを明確にしながら探す方法がおすすめです。