代わりになるものを探そう!高齢者うつの治し方

高齢者うつの原因とは?

年を取っていくことは、次第に喪失感が強くなることでもありますよね。友人や自分の肩書、配偶者を失ってしまうなど、多くのものをなくしていく中で、生きていかなければなりません。そういったストレスが、うつ病の原因の一つになるんですね。年齢とともに身体的能力も徐々に失われていき、介護が必要になることもありますよね。思うように体が動かないことが、いかにつらいものかは、若い人には理解しにくいでしょう。でもそれは、周囲に介護などで迷惑をかけてしまうという心配にもなり、本人にとっては大きな問題なんですね。

身体機能や認知機能の低下!

言葉を話したり、計算したり、何かを記憶するというような、人間が持っている高度な脳の機能は、認知機能と呼ばれていますよね。この機能は高齢になるにしたがって、やはり低下してくるんですね。そのために判断が遅くなって、次の動作に移るということがすぐにできなくなり、介護が必要になこともあるんですよね。身体機能や認知機能の低下によって、ゆっくりとしか動けないということが、高齢者の自信の喪失にもつながっていくんですよね。

代わりになるものを探すことが重要!

誰かの役に立っているという意識は、高齢になっても持てるはずですよね。しかし、やりたい仕事がなかったり、体が思うように動かせなかったりするために仕事ができなくなれば、「役に立っている」という意識は持ちにくくなりますね。こうした状況では、自分の存在に価値を見いだせなくなってしまうんですよね。いろいろな喪失感が強まれば強まるほど、うつ病になるリスクは高まりますね。介護予防のためにも、失っていくことを受け入れながら、その代わりになるものを探すことが重要なんですよ。

介護の求人で求められる資格は、ケースワーカーが最も多く、国家資格を取得し実務経験があると採用率が上昇します。