ブラック企業に転職しないようにするための見分け方は?

頑張ればいくらでも稼げます!

転職をするときにブラック企業に入りたいと思う人はいないですよね。転職というのはその企業に入ってみないとわからないことが正直なところありますが、求人広告などを見てそれを判断することもできるものです。例えば「頑張ればいくらでも稼げます!」というようなキャッチフレーズが書かれてるような会社は比較的避けた方が良いかもしれません。全てが全てではありませんが、稼ぐためにどんどん働かせるというようなことも考えられるからです。という事は稼ぐために過酷な労働時間を強いるブラック企業というわけですね。

未経験者でも大歓迎!誰でもできます!

ブラック企業の判断基準として考えられるものとして「未経験者でも大歓迎!誰でもできます!」というようなことが求人に書かれている場合です。これを見てみると、誰でもできる簡単な仕事ということで良心的な会社なのではないかと思ってしまいますね。確かに誰でもできるということはどんな人でもいいですよ、と言わんばかりのことが書かれているからです。しかし実はこのようなことが書かれている場合は、辞めていく人が多くて、とにかく人を雇わなければいけないというような状況に置かれているような会社もあり得るのです。辞めていく会社が多いということはそれだけ何かしらブラック企業の可能性があるわけですね。ブラック企業でなければ人はそんなに辞めることはないものです。そのためこのようなキャッチフレーズが書かれている会社は少し疑ってみて、転職をしない方が良いかもしれません。

常に求人を載せている

そして次に考えられるブラック企業の見分け方としては、常に求人を載せている会社ということです。転職をしようと思った場合には、求人を見ることが普通かと思います。転職活動の期間が長くなるにつれて求人を見る期間も長くなるわけですが、ある一定の期間で常に求人を載せているような会社があることに気づく場合があります。このような会社は辞める人が多いので求人を載せ続けないといけないということが考えられるものです。先ほどと同じように辞める人が多いということは、それだけ何かしら問題がある会社ということが言えるでしょう。ただし、優秀な人材を探しているために常に載せている会社もあります。そのような求人は見るからにレベルが高いような求人の内容となっているので、判断はつきやすいかもしれませんが、常に載せているからといってブラック企業であるとは限らないということを理解しときましょう。いずれにしてもそのような会社でなければ常に求人を載せている会社には転職をしない方が良いかもしれません。

営業の求人はたくさんありますが、人の出入りが激しい企業だったりいわゆるブラック企業の求人だったということも少なくありません。そういった企業の求人を避けるためにも、営業の転職サイトで探すことが大事です。