知っておきたい!高齢者でも食べやすい介護食品

ニーズが高まる介護食品!

高齢化が進展して、食べ物をかむ力が衰えた人でも無理なく消化できて、栄養がとれる介護食品のニーズが高まってきているんですよね。食品メーカーはビジネスチャンスをひらこうと、新商品開発や販路拡大に奔走しているんですね。増え続ける高齢者医療費の抑制などを背景に、国が在宅介護を推進していることもあり、施設用の介護食品よりも在宅用の伸びが顕著になっているんですよね。在宅療養中の高齢者の中には、栄養バランスの良い食事がとれず、体重の減少や免疫力低下などを引き起こす人もいますから、介護食はありがたいものなんですね。

工夫されている介護食!

介護食品には愛称が付けられ、ロゴマークも決定したんですよね。「歯茎でつぶせる」「舌でつぶせる」など、かんだり飲み込んだりする力に応じて分類してあり、高齢者の状態に合った食品が分かる選び方を公表することで、さらなる市場拡大と認知向上に取り組んでいるんですね。介護食普及活動の一環として、介護食品コンクールが初めて開催されたんですよ。大手食品メーカーを含む全国の応募の中から、宮崎県のポークを使ったメンチカツが選ばれたんですね。

高齢者向けの商品開発!

ブランド豚の加工販売などを手掛ける会社は、助成を受けて、人気商品のメンチカツの冷凍化に着手し、同時に高齢者向けの商品開発も始めたんですよね。管理栄養士の協力を得て、ひき肉に細かく刻んだ野菜を練り込み、成形や揚げ方を工夫して、飲み込んだり、かんだりする力が弱った高齢者でもおいしく食べられるんですね。試食会のほか、食べやすさを証明するテストを医師立ち会いの下で何度も実施して、誤嚥しやすい高齢者でも飲み込めることを実証できたということなんですよ。

介護の派遣業務では、要介護者への自立支援に向けてできないことをサポートする業務です。経験や資格不問で働けます。