ブラック企業とホワイト企業の見極め方とは!

求人広告に使われている言葉に注意

ブラック企業に誤って就職してしまうと、過酷な労働を強いられて、結局身体を壊してまた就職活動をしなければけなくなることもあります。できればブラック企業に合わず、ホワイト企業に就職したいものですが、見極めることは簡単なことではありませんよね。しっかりと見分けるためにも、まずは求人広告によく目を通しておかなければなりません。ブラック企業の求人広告の特徴は、とにかく耳触りの良い言葉が並んでいるということです。広告に踊らされず、内容を重視することが第一です。

ブラック企業の求人の典型

ブラック企業の求人においてよく見られるのが、とにかく応募のハードルが低いということです。たとえば、学歴不問であるとか未経験歓迎などと、ほとんど箇条書きのように並べられているような場合は警戒した方が良いかもしれません。もちろん、それらがすべてブラック企業というわけではないので、内容をしっかりと精査する必要がありますが、誰でも良いから採用したいというようなことが伺えるような求人は従業員を消耗品のように考えている場合があるので、警戒しておいて損はないです。

残業代や残業時間をよく見る

求人広告を見る際、残響代や残業時間の項目はよく目を通しておくようにしましょう。残業代や残業時間が不明確である場合や、年収に残業代が初めから含まれていると言ったようなケースは、いわゆるサービス残業をさせられることもありますので注意が必要です。一方で、しっかりと残業代が支払われるホワイト企業では、残業代や残業時間の記載がきっちりとしていることが多いです。残業が多いかどうかでブラックかホワイトかが大きく分かれるところなので、よく確認しておくと良いでしょう。

ネットワークエンジニアの求人件数が増えています。もしも求人を探しているなら、応募要項を十分に閲覧してから選択しましょう。